uzullaがブログ

uzullaがブログです。

PHPカンファレンス関西 2018行ってきた

PHPカンファレンス関西 2018行ってきました!

2018.kphpug.jp

さっさとレポート書かなければとおもってましたが、以下URLの記事制作等が立て込んでいたので、レポート遅れました(宣伝か?)

lantern.builderscon.io

話を戻します。

トーク

今回私は非公式前夜祭と、アンカンファレンス(当日に申し込みできるトーク枠がありました)でトークしてきました。

speakerdeck.com

github.com

内容としては、引き続きswooleです。

懇親会でも、終わった後の飲み会でも非同期好き(?)な人で、熱い非同期の話で盛り上がれたので非常に楽しかったです。非同期勉強会するか〜〜と盛り上がりましたので、そのうち開催されるかもしれません。

しかし、これ以上みなさんにプッシュするには、そろそろ公開できる何らかをつくらないといけないですね…。考えています。

くいだおれ

とりあえずご飯の様子です。エンドレスに何かをたべていました。

f:id:uzulla:20180719010826p:plain

f:id:uzulla:20180719010908p:plain

f:id:uzulla:20180719010928p:plain

f:id:uzulla:20180719010954p:plain

f:id:uzulla:20180719011018p:plain

f:id:uzulla:20180719011045p:plain

f:id:uzulla:20180719011104p:plain

f:id:uzulla:20180719011138p:plain

呑んだ後のホルモンラーメンがものすごくおいしかったんですが、「これはホルモン鍋に最初からシメが入っているものでは…?」と気づきました。関東もこの可能性に早く気づいてほしい。

僕は日和ってリゾットなどができなかったので、次回は挑戦したい。

カンファレンスの感想

スポンサーブースというか、一休み空間が広大に用意されていて、アンカンファレンス資料をつくるのにも、他の参加者と話すのにも非常に助かりました。

トーク以外にも広い空間があると、圧迫感がないので最高です。

トークのまとめを見ると良いと思います。

togetter.com

個人的にはやっぱりGAEが気になりますねー(「GAE に PHPアプリを継続的デプロイする」)、5から上がらんということで諦め気味だったのですが、今後ちゃんとバージョンが上がるらしいので大歓迎なのです。 (あとは、実戦でつかうとどれくらいコストがかかるのやら、まだ本番でつかったことないんです。)

なんだかんだで本来のPHPはPaaSみたいなのに向いている、といっても過言ではない…気がする…レンサバってPaaSみたいなものだし…と思っているので、もっと盛り上がるといいなーって思います。*1

まあ、Swoole好きとか言ってる人間の感覚はずれちゃってるのかもしれませんが。

ノベルティ

普段そんなにノベルティを集めないんですが、今回はかなりいいものがもらえたので。

現地でカードを集めるとふくびきができる、という仕組みがありました。

f:id:uzulla:20180719011826p:plain

こういうシカケを普段あまりやってなかったのですが(楽しいんですが、聴講や、他の人と話すことに熱中してると終わってしまうので)今回は物につられてがんばって3回トライした!

結果!

ケーブルホルダーが3つ当選しました!!

f:id:uzulla:20180719012355p:plain

かわいい!!でも正直そんなにホールドするケーブルがない!!ほしいのはNuboardだ!…くやしい…。

…と思っていたら、帰りがけに明石焼きの店にならんでいたら、ほとんど初対面みたいな某氏*2に「二個もらったんで…」とケーブルホルダーとNuBoardを交換してもらいました!!!なんというふとっぱら!!!凄く嬉しかったです!!!

f:id:uzulla:20180719012428p:plain

活用します!!(いそがしくて開封してない)

写真にもうつってますが、GameWithさんのアンケートに答えてモバイルバッテリーももらいました。その他にAWSさんの所では、話題の(?)ウェブカメラ隠し(正式名称わからん)をもらいました。

どれもほしい物だったので活用します!

(ところで、メルカリさんの展示機につけられていた、「MacBook画面上部のマグネットにはりつく、鉄板のウェブカメラ隠し」がめちゃめちゃかっこいいんですけど、これどっかで売ってるんですかね…?Mac専用のものだから人を選ぶけど

(凄く見えづらいので意味ない写真かもしれませんが、定規みたいなものが画面上部についている) f:id:uzulla:20180719013058p:plain

まあ、なかなかガラス面に鉄板をくっつけるのは(硬度というものを知っていても)度胸はいるかもしれませんが、明らかにスリム。)

ありがとうございました!

スタッフの皆様、登壇者の皆様、協賛企業様、参加者の皆様のおかげで楽しいカンファレンスでした、ありがとうございました!

なんか食い物とノベルティのことしか書いていないエントリだけど!本当に楽しかったので!いってよかった!来年も行きたい!

()

(このエントリは20分くらいでかきましたので大丈夫です

*1:まあ、PHPランタイムのお世話が大変だというような話はなんとなく聞きますが…

*2:名前をだしていいのかわからんので

PHPカンファレンス福岡 2018 に参加してきたぞ!

毎年参加しているPHPカンファレンス福岡に今年もいってきました!!

f:id:uzulla:20180622225623p:plain

phpcon.fukuoka.jp

全然野菜

残念ながら本編のトーク応募は落ちてしまったので、非公式な前夜祭の前夜祭(前々夜祭 => 全然野彩)である全然野菜で登壇しました。

f:id:uzulla:20180622225728p:plain

pepabo.connpass.com

GMOペパボさん、さくらインターネットさん、オミカレさんありがとうございました!

このトーク内容は福岡にも関西にも応募はしてみましたのでわかっちゃいましたが一般受けしない話題です。 Swooleという(ひらたくいって、PHPで高負荷に立ち向かうアプリケーションを実現する)拡張の話しをしました。 *1

Swooleは元来イベント駆動がベースとなるために結構書きづらいものだったのですが、最近のSwooleはコルーチン化がすすみ、ラップするフレームワークがでてかなり使いやすくなりました。今はほぼ普通のコードの感覚で活用もできます、そこらへんのお話でした。

詳しい所はスライドやサンプルコードを見ていただければと思います。

speakerdeck.com

github.com

ただ元来(脳内においては)1時間位は話したい事があったため、「全然野彩」ではかなり駆け足になりました。 紹介しているeasy swooleにかぎっていえば非常に簡単なので、興味をもってくれた人はためしてみてもらえればと。

本編の翌日、これまた非公式なFusic様オフィスでおこなわれた「アフターハック」で時間をいただく事ができまして、ここでは図々しくも長時間話すことができ、資料にあるもの以上のウェブアプリ外でのコルーチン周りのデモなどもできたので、しっかりと話せたと思います。

資料にはストレートには書いてないのですが、「PHPを早くするあれこれ」を私は色々見たりさわったりしてきましたが、そんな私にとってSwooleは

  • トリッキーでなく、現実的な複雑度のコードで書ける
  • 実用されていることを実感できるほど安定している
  • PHP言語の書き方を逸脱しないし、書き方もモダンである
  • httpdになれるので、既存システムへの差し込みがしやすい

という所が気にいってます。

でもまあ…前半はイベント駆動のコードをガリガリかいたことがないと「ふーん」って感じですよね…実際に人に話すとそこらへん実感できました。 後半も、PHPはもともと管理運用が楽な方だとおもうので、わりとピンとくる人もすくないようです、むずかしい。 (いや、そんな需要は少ないのだという話なのでしょうが…)

聞きたいという人があらわれれば…あるいはまた知見がたまって喋りたくなれば、どこかで話題にしたいと思います。

PHPカンファレンス福岡2018の感想

もう完全におなじみとなったFFBでの開催でした。

私もいろんなトークの感想はあるんですが、すばらしいまとめがあるので皆さん実際にスライドなどみてみていただければと。

togetter.com

PHPカンファレンス福岡はコンパクトな割にはアクティブな人が多いからか、コミュニケーションの量が多い気がします。スピーカー、スポンサー、参加者、スタッフの距離とかも近い。 もちろんそれに対する好き嫌いというのは人それぞれあるとおもいますが、私にとってはとても楽しいですね!

人が集まった事で、前後に前夜祭や、ハッカソンみたいなものもやってやろうぜという周りから盛り上げるパワーみたいなものも感じます。

運営スタッフの皆さん、協賛企業の皆さん、面白いトークをしてくださった登壇者の皆さん、私のような参加者のみなさん、ありがとうございました!もちろん来年も行きます! (次回実行委員長が懇親会のときに紹介されていたので、あるんですよね??)

今回は鯖づくしだった。

業務連絡1

builderscon トーク募集中!!!締切は今月末!!!気軽に応募してね!!!

blog.builderscon.io

業務連絡2

ボランティアスタッフ募集もうすこしで締切なので、お早めに(のような気配がある)

blog.builderscon.io

業務連絡3

このエントリは20分位でかいたので大丈夫です!

*1:人曰く、内容ではなくてプロポーザルが駄目だとともいわれましたし、swooleが悪いわけではない…かもしれない…

builderscon tokyo 2018 チケット買った&トーク応募した!

blog.builderscon.io

チケット販売が開始されたので、早速サポーターチケットを買いました。

今年は早売りもあるのでチケット価格を気にされる方は早めに買うとよいのではないでしょうか!

トーク応募しました。

builderscon.io

サポーターチケットについてくる「謎ガジェット」についてです!!

f:id:uzulla:20180611013719p:plain

(画像は製作中のもので、配布するものと異なる可能性がある、というよりまあ間違いなく変わります)

builderscon tokyo 2018とは?

  • 大きめなテックカンファレンスです。
  • 約三日間やります。
  • ジャンルは広いです。
  • 海外からのゲストもきます。
  • 4トラックあるので、なにか興味があるトラックがあるのではないか。
  • 無限コーヒーのんで人と話すのもよいのではないか。もちろん懇親会も!
  • まあ、公式サイト見てください

いきなり余談なんですけど

「こうこうこうだから!」って説明しても、特に興味がない人をうごかすのって難しいと思うんですよね。

なので、「ああ、去年いかなかったけど気になってたんだよなあ…」という人は今年こそ検討してみてはいかがでしょうか。

あと、「気づいたらチケット販売がおわってました…」というのを本当にどうやったら解決できるのだろうか(あるいは真に受けないようにしたほうが良いのだろうか)。

まずは昨年の感想エントリ集をみてくれ

builderscon.io

togetter.com

色々こう、個人的にどうこうというのをつらつらと書く事はできる。

しかし「まあ、そういうけどね」と言われることも多い。

ということで多くの人のポジティブな感想を読むと行きたいと思うのではないか??

さらにいえば、一昨年のエントリを見てくれ

一年だけだと不安だ、という人は是非一昨年のエントリも見てくれ!

builderscon.io

togetter.com

あとトーク応募も始まっているので

builderscon.io

是非応募しましょう、俺はもう応募したよ!

締切は今月中だよ!

こちらからは以上です。

業務連絡

なお、このエントリはトーク応募と合わせて多分1時間弱くらいかかってしまったんですが、日曜休日なので許してください…。