uzullaがブログ

uzullaがブログです。

「ウェブサービスを一人で作れるなんて嘘だろ!実際大変じゃねーか!」

ワナビーのみなさんこんにちは、ワナビーのuzullaです。
昨日の記事を読んで、このタイトル通りのことを思った方、俺も同感です。


ワナビーではない皆様、ご機嫌麗しゅうございます。
本記事全くお役には立ちません。後半の割とゲスいサービスつくってください。


前の記事が久々に100ブクマとれてしまい*1、調子に乗って書いた、真の蛇足記事がこれです。

俺が蛇足記事だ!

「つくるぞー!」>「できた~」>「人こない…」>「サーバー落とす」

参考:http://uzulla.hateblo.jp/entry/2012/03/15/170632
上を分解すると

・作るのが大変
・宣伝するのが大変
・回すのが大変
・クローズするのが辛い


作るのが大変なのは、(技術|腕|スキル)の所為?

これ系は解決する方法がネットにもうゴマンとあるし、割と努力次第でどうにかなるので、まあどうでもいい感ある。

ただ、アリガチな勘違い(当社の見解)として多いのが、高い技術力は必須ではないということ。
繰り返す、高い技術力は必須ではない。俺の技術力が高くない事を書いてるわけではない。
もう一度くらい書いておこう、高い技術力は必須ではない。


CPAN Authorであるとか、ギッハブで三桁にフォローされてるとか、サービスを作る事においては、必要ではない*2

知り合い見回すと「php.netからコピペしてます!」*3って人でも、サービスは作れるぽい*4

コードをスクラッチなんて必要なかったんや!!

PGとして就職できる程度で大丈夫、多分。

ただ、やっぱり前述の通り本当にゼロだったり「ぼくもザックになりたい!!コードとか一切書いた事ないけど、海外の老練なスーパーハッカーに弟子入りする!!」レベルだと、まずは弟子入り以外の修行が必要だろう*5


自分の腕に合わせたサービスの設計をおこなえればよいですね*6

ついでにいえば、センスとか感覚についても、凡庸な人もそれはそれで万人の感覚に近いから良いのではないでしょうか。

本題、一人だと割とムズい所

自分で実感したのが、当初の想像通りに作り上げる事≒クオリティの追求が一人だと難しい感ある。

一人だと、どの方向にクオリティを上げるべきか客観的に見れないので(特に、工数計算してしまうので)、「Done is better than perfect!」とか言って、明かにDoneとも言えない状態で納めたり、どうでもいい方向に豪華になってフルスピードで死にがち。


しかし、ならばと他人にレビューして貰おうとして「ボクのつくったウェブサービスを評価してよ!」とか安易に知り合いのエンジニアに言うと、
「ここが駄目だね、ここも、ここも微妙。ここはどうしてこれこうなってんの?」とか致死量のマジレスされて三日は言い訳を考える羽目になってしまう。
あげく駅のホームで最前列に立つその友人の後ろに立ちたくなる(または、もうチョイ理性ある人なら、立てなくなる)。


ここらへん、会社(集団)だと「俺だけのプロダクトじゃねーし」とドライな感じになれるので、批判をもらっても ーー「お前のAPIがおかしいんだよ!」って10回くらい名指しで言われない限りはーー 結構平静で居られる。
お客さんから仕様をもらって作っている場合にも同様(これは俺の本気じゃない的な感じで)。


自分が思うに、さて自分で何かつくるぜ!ってなった時に、不意にぶつかるのはこの壁じゃないですかね。
ウェブサービスとかwww作るの余裕だしwww」って思ってた人が、実際にやってみるとこんなはずじゃなかった感すごいよね!(同意ください)

余談だが

皆が思う通り、最高のけなし役は故スティーブジョブスだと思う。彼は自分でコード書いてないからいくらでも痛烈なケチをつけて作り直しを要求できた結果、一連のプロダクトができたのだろう…。
Apple製品のクオリティの高さは、おそらくエンジニアの高濃度な呪詛によってできている。


「本当に余談、しかも勝手な想像じゃねーか!お前ジョブス書きたいだけちゃうんか!」といわれつつも、無理矢理つなぐと、
自分と自分の愛する子供に全力で呪詛をかけ続ける事ができるような、「芸術家タイプ」の人でないと、本当に孤独に一人でクオリティを上げ続ける事は困難だと思う。
勿論そういう人は結構世の中にいるし。神経おかしい^H^H^H^H凄いとしかいいようがない、天才である。


じゃあどうしたらいいのか

うん、俺の経験上だけど、割とどうにもならない。


話し変わって、作るのが大変なのをどうにかするサービスはよ!!!!!

まあここらへんをどうにかする、なにかが必要だろうなーって思うんですよね。こういうのって「仕事ならできる≒気分の問題」なので。


それがサービスなのか、ガイドラインなのか、テクニックなのか、ハウツーなのか、心構えなのか、宗教なのかはわからないですが…。

ただ、もしそれがサービスだと、金が生まれるよ!ゴールドラッシュで夢見る労働者にGパン売るのが一番儲かりますからね!!



オチから言えば「自分の作成しているモノについて、クズとかゴミとかカスとかスカムとか言わないで、プライドの高いボクをなだめすかして、駄サイクルにはまらない感じで、やさしくお尻をたたいてくれる、いわばお姉さん的なサービス」がもとめられている!(ババーーン



もうありふれた発想ですけど、バグを5個取ると褒めてくれるとか、クレームが来た時に励ましたり、コミットするとネコ耳がついたり*7、コードのアドバイスくれたり、寝て起きてチェックアウトするとインデントを綺麗になおしてくれていたり*8、カットオーバーの時に告白してくれt(このあたり色々考えると再現なく長くなる、大喜利ネタなので割愛)

「ギッハブと、ラブプラスのコナミさん!タッグで実装はよ!!!」

安直な考えですが、苦難をゲーム化することで*9、比較的スムーズに進める事ができる(と、勘違いをさせることができる)という期待感がある*10し、面白そうだから誰かつくってください。



現実的な話にいけば、単純なアチーブメントシステム*11は、じわりと使われてますし、それにワンモア何かのせたり改良して、良い感じにできないかってだれでも思いますよね。美しすぎるシールとか。



え?何故苦しんでまでウェブサービスつくりたいのって?たのしくないのって?いや楽しいんですけど、前述の通り、割と意志薄弱なワナビー(うん、俺だ)は、自分に甘いので、ちょっとしたハードルでどうでもいい停滞をしてしまう(日銭仕事を優先してしまう)ので、そういうのをうまいこと回避したいんですよ!マインドハック!!ウェブサービスを開発できる薬物はよ!!!



後、ちょっとずれるのだけど、一つ前のレビューについては、サービスのペアプロみたいなのをできないかなー感ありますね。そういうの無い訳じゃないんですけど、もの凄いビジネス臭でヤバい。
でもまあ、これはどっちかっていうと勉強会とかに近いかもしれない…。

【宣伝】Hachioji.pmをご存じですか? http://hachiojipm.org/【うざい】

でもそれって一人でやってるって言えないんじゃねーか感すごいね。


やっぱ一人でできるほうがいい(サービス的に)

やっぱり一人でできるようにしたほうがいい、というかそのほうが金になるでしかし!

例えると、英会話教材はどうしても一人で英語を勉強したいという人があれだけいるから(=はずかしいとか、時間を自由にしたいとか)、あれだけドブ金が流れ込む市場になってるので、そこは参考にしたほうが良いのでは感あります。



そういう感じで「ウェブサービスを一人で作って一発当ててやるぜ!」ワナビー狙うゲスいサービスはよ!!!


ーー
まあなんか一人でウェブサービス難しいみたいな事書いちゃいましたけど、禁煙よりは簡単な気がします。
ただ、一人だと迷走しやすいのは事実だとおもいますね。


ーー
別にワナビー相手に商売したらあかん!という事ではないです*12
そもそもサービスを作るってのが楽しいものであったほうがいいので、それを楽しくするサービスはとてもすばらしい。是非どこか作って欲しい。
ゲスいのは妄想でも「それでゼニチャリンチャリンや〜〜!」とか想像する俺です。


実際、ここ1年くらい、「プログラミングを独習」系のサービスが結構でてきていて、それは初級者向けのこれ、と言えると思ってます。

ただ、それ系はわりと清廉な感じのモノが多いので(まあ、当然なんでしょうけど)、結構苦行感あるというか、一人でやるならもっともっとお遊び感というかヌルい感じしてもいいでしょって思うというか、
もっとエンターテイメントにあふれる 何かがほしい感ありますね、仕事じゃないんだし。


まぁエンターテイメントじゃなくてもいいんですけどね、サービスを作る時のさまざまな辛い所*13や挫折をうまいこと回避するなにかが必要やで!!意思の薄い俺には!!



ーー
まあ…、結局実も蓋もないことを言えば、この辺りが仲間とか、コアな信者^H^Hユーザーがいると勝手にどうにかなるぽい。
つまりは物作りは一人でやるべきじゃないですね(本末転倒すぎる)。


または、サービスがヒットして、ユーザーがちゃんと増えればこれまたどうにかなるらしいですね(これまた本末転倒すぎる)


ーー
うん、他も一つ一つ書こうと思ったけど、なんか妙に長くなったんで、蛇足が続く。
宣伝のことについては書きたい。


ーー
アフィ大先生に「お前どうでもいい小ネタとか、愛のないアフィを乗せるな!!アフィを買ってくれる方に失礼だ!」といわれましたので、私がこの間買ったCDをのせておきます。
ブンサテとか、ダフパンとか好きな人は好きだとおもいますよ!!

THIS IS MY SHIT

THIS IS MY SHIT

  • アーティスト: 80kidz,ザ・シューズ,ゴーストエイプ,デイヴィッド・コックス,ヘイ・チャンプ
  • 出版社/メーカー: ケイエスアール
  • 発売日: 2009/04/15
  • メディア: CD
  • 購入: 4人 クリック: 37回
  • この商品を含むブログ (66件) を見る

 

*1:この記事書いてる時は98でした、盛ってます

*2:これは別の所で効果を発揮するが

*3:一般的なphperの行動です。

*4:いまさらの定義ですが、どういうモノをサービスとするかについて、アクティブユーザーが結構いて、金銭的に赤字になっていないモノを、続くサービスとしておきます

*5:こういう小ネタはいれないほうがいいのでしょうか…(誰に聞いているのか)

*6:ただ、人は大抵9割9分高望みをするので、やっぱり「今よりは」修行の必要性があるかもしれませんが

*7:makamakaさんの為に

*8:ウッカリ8タブにインデントした彼女をDisるか選択するサブイベントあります

*9:ゲーミフィケーションとかいう単語使いたくない…

*10:もえたん、とかがこれに相当します

*11:トロフィーやバッヂとか

*12:というか今は多いよねたとえb(検閲)

*13:そんな所ねーよ!という神様には不要でございますが