uzullaがブログ

uzullaがブログです。

3月11日

震災は、結局自分には不幸がみつからなかった*1
しかし、以前と全く代わり映えのしない自分の視界と、大量の「変わってしまったのだ!」という情報のミスマッチに悩む、という所が大変だった。


ーー
別にアクションした人がバカだとかそういうことを言いたいわけではなくて、
自分はとても日本人的に、さっさと順応するか、もしくは諦めて固持しないことにした。
これについて、批判をいただけることは承知の上である。


自分のポリシーの一つに「嫌な奴とバカ正直に真っ向勝負する=そいつを中心に人生を組み立てる、という事であり、そんなアホな事はない」という物があり、どうやら地震もコレっぽいな、と。


周りは良かれ悪かれ騒々しかったけれど、震災なんて無かったかのように普通に生活した。
在宅フリーランス最高、自分がシャットアウトすれば情報は調整出来る。通勤もいらないし、最悪引っ越せばいいと思っていた。
IT系最高、材料の仕入れなど無い、輪番停電はアトラクションだと思う事にした。


結果そういった切り札を使わずにすんだ。


ーー
勿論どこかしら変わって、車のガソリンは普段から満タンにしたほうが安心できる、とか、でもそれは恐怖に駆られてのものではないし、大きな負担ではない。


仕事や、まあ大きくいってしまえば、経済とか、が、大きく変わってしまったところもあるだろうし、実際ある。でもそれをなにか特別な事だと思わないことにした。


本当に震災なんてあったのかね?それくらいのノリを維持できるのが一番だと自分は思って、大体そんな感じができたのではないかな、と思う。


ーー
まあ、こんな文章を書いているあたり、やはり震災は自分にも影響あったか、またはあったということにしたいのですけどね。

*1:せいぜい仕事の受注が数個吹っ飛んで、月額の契約が一個吹っ飛んだだけである

広告を非表示にする