読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uzullaがブログ

uzullaがブログです。

GMOペパボ ホスティング技術カンファレンスに参加しました #pbtech

GMOペパボ ホスティング技術カンファレンス@東京~破壊的イノベーションをおこす革新的技術~ に参加してきました。

pepabo.connpass.com

「圧倒的伝説をつくるために、圧倒的技術をつくりだす」というのにふさわしい感じでした。

(今日書かないと、当分かけない気がしたので、二本連続のイベントレポートです)

目当て

udzuraさんのhaconiwaの進捗と、

github.com

次世代のホスティングサービスを研究しているmatsumotoryさんのお話が聞きたかったので。

感想

haconiwaと、FastContainerの話はもちろん面白かったです!大阪ではさらに進化した発表がなされるとのことで、資料が後日更新されればあらためて見たいと思います。

udzuraさんの本日の発表資料はこちらとのこと

speakerdeck.com

(後述しますが)前2つのトークとちがっていきなりギアがはいってウケました、もちろん楽しく聴講させていただきました。

ーー udzuraさん「コンテナーとはなんですか?」 私「えっ、なにかプロダクト名?好きなのはOpenVZです!」 udzuraさん「OpenVZ…まあそういう人も…」 ーー

昨今のコンテナはコンテナであること(まあ、最近は一般呼称がそういうふうになったので…)が重要視されていて、性能とか、色々な脱出ハッチとかは禁忌されているとおもいます。 OpenVZはそういう所においては結構速い(軽い)し、FSやpsが丸見えなのですごい好きなのでした。(まあ、セキュリティ的にヤバすぎる案件も多いですが…)

haconiwa、まだ試していないものの、設定ファイルにRubyで色々記述ができ、あるシグナルをうけとったらCPUの制限をあげたりさげたりが動的に、すぐさまできる(という設定ができる)というデモは大変な柔軟性が伺えます。 気になる!サーバー間移動とかどうするの?イメージになってるの?とか色々疑問はわきましたので、試したいとおもいます*1

matumotoryさんのFastContainer構想も面白かったです。多分、あれに今一番近い実装になっているのはAzureのWebappsでしょうか、あれはFastCGIのプロセスのレベルでモータル*2となっています。

しかし、AzureみたいにFastCGIをバックエンドとすると(今の技術でもつくりやすい反面)しんどいんですよね、Rewriteとかが。資料上ではApache+mod_php?の構成をモータルなコンテナにするような雰囲気があり、ふーむ現在と地続きにするならそうだよね、という感想です。

個人的には(質問もしたのですが)、ファイルシステムがどうなるのか、というのがきになります。nfsとかあるというお話は伺いましたが、MMAPするようなのだと当然きびしいので、今後の課題なのか、あるいはそこに折り合いがつくられていくのか、それとも超技術によって工夫がなされるのか、というのが今後も気になります!注目していきたいです。(こういうのは、Wordpressが素でうごくかどうか、というのが大きな山ですかね…)

予想外(失礼)におもしろかったお話

私は*3まあターゲットではないとおもうのですが、はいって二ヶ月の中途採用の方であるlitencattさんの話が、なかなかになまなましくも楽しそうでよいなとおもいました。あと、ペパカレよいですね。

質疑応答にて「圧倒的成長したところをおしえてください 」と質問したら、「色々な物事を調べるための意欲が圧倒的成長しました」という話をきいて、なるほど〜すばらしいな俺にもその意欲わけてくれ!みたいな気分になりましたね…。

*4

順番が最後になってしまいましたが、最初のpyama86さんのトークでは"nice try"というワードがよかったですね。最近きびしい案件をやっておりますので、なにかトライした結果失敗してもまずはナイストライだ!という文化に憧れがあります。

まあ、なんかこういうよさげな文化を、こうやって「ワードだけみて、いいね!」とかいうと実にうすっぺらい 感じですね…実際に運用できている会社さんがすごい。

*5

驚き(?)

発表者全員福岡の人なんですね。

そしてほこらしげに売上のグラフの半分をしめるホスティング事業部は福岡だそうです。

もちろんそれをもってどうこうというのはないのですが、ペパボ福岡の重要度がよくわかりました。

まとめ

最初は「ぼくは想定層じゃないかもな〜」とおもいつつも、しっかり楽しめました。

懇親会でもご飯が食べられない、酒が取りにいけないほどに色々お話できたし(突然skajiさんがいたりもして)たのしかったです。時間がたりなかったので、haconiwaを試した後、またいつかうづらさんとお話したいですね。

ペパボは「バーン」「圧倒的」「いるだけで成長」など、つかっているワードの統一感があって、個人的には好きです。

問題は、「うずら」という単語がとびかうので、コンテキストをよまないと人と会話していてつらいことです。*6

こちらからは以上です

*1:いつか…いつか…できればち、ちゅーとりあるがでてきたら…!

*2:常駐プロセスをイモータル、不要なときは終了するプロセスをモータルと表現されていました

*3:転職を目指していないのに参加したので

*4:とても感心した!と話したら、懇親会であんちぽさんが「なじみましたね」といってたり、ペパカレの様子の写真のほとんどにudzuraさんがうつりこんでおり、みなさん頑張ってらっしゃる、とおもいました

*5:トークとは関係ないけど(?)「ああSTNSの人か〜」となったので、代表プロダクトがあると強いな…とおもいました

*6:イベント前半や、酒が入り始めると厳しくなる

闇PHP勉強会に参加してきました

第七回闇PHP勉強会 〜あなたが闇だとおもったらそれは闇です

yamiphp.connpass.com

に参加してきました!

闇とは

以下転載

PHP勉強会について 闇PHP勉強会はPHPの内部構造や拡張モジュールなど、PHPC言語レイヤの話題が多めの勉強会です。ふつうのPHP勉強会に比べると若干マニアックな集まりだと思います。 この勉強会の名前は「普段は光が当たらない場所に光を当てるPHP勉強会」という意味です。他の闇を期待された方はごめんなさい。

ということです。

ひらたくいえば、PHPといいつつPHPの中身や、CでかかれたPHP拡張などのお話がメインの勉強会です。大変に興味深いお話が多い。

トーク内容について

@hnwさん「realpath cacheとOPcacheの面倒すぎる関係」 (20〜30分)

d.hatena.ne.jp

最近話題のrealpath_cacheのお話と、それとは違うが同様な結果となるOPcache+fastCGIの挙動のお話です。

PHPのデプロイについて様々な方法がありますが、CapistranoやDeployerをはじめとするツールでsymlink方式を採用している所が多いと思います。その場合、いくつかの罠があるとのことです。

詳しくは資料を見ていただきたいですが、個人的にまとめると…

  • realpath_cacheは、Symlinkなどが「解決されたリアルパスで」キャッシュされるので、Symlink切り替えでは(キャッシュタイムアウトまで)更新を検知できないことがある。
  • realpath_cacheをオフにしたり(〜ttl = -1や〜size = 0)、あるいはパージすることで、とりあえず解決ができる − だがしかし…(資料みましょう)

  • OPcacheはコードをキャッシュするが、Expireは設定されていないので、更新を検知できないと永遠に反映されない。

  • OPcacheはopcache.revalidate_path=0だと、pathの再解決をしない
  • 結果として、Symlink切り替えだと、Opcacheが一行にキャッシュを反映しないことがある
  • ただ、これはこれはSAPIによって挙動がちがい、mod_phpだとこれが問題にならなかったり…
  • だがしかし…(資料みましょう)

どちらの問題もコードの反映に失敗するというものですが、仕組みがちがって興味深かったです。

私はいまだにFTPでアップロードする案件もある程度の人間ですので、この挙動を把握しつつも、なんかあったらええかんじにrestartかけちゃえばいいかな!という感じもあります。

なお、質問タイムでは、「ウチではキャッシュのパージを積極的におこなったいる」などという実例の話もありました。

y-utiさん「JITのコードを読んでみた」(20〜30分)

y-uti.hatenablog.jp

これは率直にいって興味深く、まだ先の話なので全然チェックしてない所でした。

パースされたコードを見やすい(書き出しやすい)っぽいので、そのうち試してみたい。(といっていると雑事にとらわれていつまでも見ない罠)

edvakfさん「XPathソースコード検索」(LT、5分)

speakerdeck.com

関数の第三引数がないものを検索したい!という要望において、xmlにコードをパースした上で、XPathをつかうと検索しやすい!というお話。

なるほど!という感じがあります。

質問タイムでは、他のツールで同様のことをする例などが共有されていました。

@do_akiさん 「PHP AST 徹底解説 補遺」 + 「php における signal 処理の話」(20〜30分)

www.slideshare.net

www.slideshare.net

PHPでsignalは個人的にはもっとちゃんとしらべて、使える所では使ってみたいですね(不用意につかってはいけない)

7.1は見た目以上に中身が色々かわっていることを再認識しました。

sasezakiさん「このPHP拡張がすごい!2017」(LT、5〜15分)

www.slideshare.net

スライドがかわいい

速い(スライドをめくるのが)

楽しい

前回が2013だったらしいので、次は2021でしょうか、待ちます。

mpywさん「ストリームフィルタで暗号化しよう!」(LT、5分)

Mcryptが非推奨になり、PHPで逐次的にデータを暗号化する術がなくなったのでは?という話。

まあ、まだ非推奨なだけでつかえるけど、結構困るなこれ。

そして、失礼ながらハンドルネームの読み方がはじめてわかりました…。

まとめ

PHP勉強会は知らないトピックが非常に多く、質問なども活発で非常に面白かったです。

懇親会や二次会でも色々お話ができて楽しかったです、次回もぜひ参加したいですね。

会場を提供いただいていたピクシブ様にも感謝いたします。

builderscon tokyo 2016を終えて、そしてこれからについて

12/3、東京渋谷のレッドブルスタジオにてBuilderscon tokyo 2016を開催しました。

#builderscon

#builderscon

#builderscon

イベントスタッフとして

Buildersconにはコアスタッフとして参加しており、今回は様々な調整などを微力ながらおこないました。

スタッフ経験値もそこそこあがってきており、中堅という感じです。*1

タスクをわりふったりわりふられたりしつつ、主に色々なことが想定から漏れていないようにケチをつけるおじさん業みたいなのをしていました。あと、Slackで雑談する役。

実際のところ、まだ終わっているわけではないのですが、概ね事故なく開催できたので、最低限の役割ははたせたのでは!と考えております。

f:id:uzulla:20161204121511p:plain

f:id:uzulla:20161204121441p:plain

登壇者として

php.iniの話」という60minのトークをしました。

speakerdeck.com

追記:2016年12月6日 動画公開されました、以下のURLからたどれます!

builderscon.io

60minといいつつ、大体90分位話していました(トーク開始前の雑談から、後ろがいないからと引きずった質問時間まで)

php.iniについて言いたいことが高まりすぎた結果、全然時間がたりませんね、大体120分くらいあればゆっくり話せたかなと思います。だれか、この資料の再演でよければ120分ください(?)

正直、このネタで10人あつまるかどうかと不安におもっていましたが、一つ前がmattnさんというチート枠でしたので、ほどよい人口密集度でした。

会場のノリ(?)もよく、質問などもいくつかうけられたのでよかったと思います。やじがすくなかった(これはだめだ!)のが残念ですが、実際に本気の強いやじがとんできたら、心がもたないかもしれないので皆さん黙っていてくれただけかもしれません。

(嘘があったら教えてください、直します)

とにかく、みなさんPHPをつかっていきましょう、7.1.0!

f:id:uzulla:20161204121859p:plain

※この写真は私のトークではありません、ミエはりました。

参加者(?)として

最高!だけどやっぱ1日ってみじかくね?全然みんなと話きれなかったし、呑めなかったんだけど?

あと、(スタッフ業もあるので)真面目に聴講できたのは、ビールだけでしたので、後日YTみます。

感謝

まずは参加してくれた皆さんに感謝です、楽しんでいただけたならば幸いです。

次に、会場を貸してくれて、ワイガヤで最後まで追い出さないでくれたレッドブルスタジオ様に土下座です。

もちろん、いわずもがなスポンサーの皆様には大変ありがとうございました。(皆さんパンフ裏のかっこいいパズルやりました?)

毎度毎度、サポートしていただいた、デザイナーのekkunさん、八木さん、いつもありがとうございます。

そして、仲間であるスタッフの皆様もありがとうございました。特にモリゾーさんと、リチャードさんと、ゾンコーエンさんと、牧さん、ハセガワさん、だんごさんには感謝を。

あと、私が忙しいことでご迷惑をおかけした皆様にもすみませんでした、ありがとうございました。

開催後の話

開催後は本当にハイパーつかれきってしまい、打ち上げも途中で離脱して、なんとか乗り過ごさずに帰宅した後PCも開けませんでした。 (といいつつ、脳に湧いてくるTodoをスマホでGHのISSUEに登録したりはしていましたが…しないと不安だったので)

疲れているのは私だけでなく、ここのところずっと酷使されていた(?)ATOKも同様だったようで、ATOKが消滅していたことを報告致します。

来年、builderscon tokyo 2017

f:id:uzulla:20161204122032p:plain

終わった翌日にいうのも何ですが、もう何ヶ月も前からスタッフ業は走り出しておりますので、翌日もなにもないのです。

次回は2017/8/3から3日開催(前夜祭含む)です。(私の主観では)あっという間にまた開催日になることはミエミエなので、がんばります。

2017.tokyo.builderscon.io

よろしければ、ぜひ続報をお待ちください。

ところで、一つだけ贅沢をいうならば、頼むからPHPerがもっと増えてほしいですね!(今回はPHPerの方々も何人かいらっしゃっており、ぜひ登壇を!)*2

こちらからは以上です

*1:ところで私は色々をかなり保守的な読みをするので、本当にズバリとした読みができる、牧さんなどのレベルには到達できるのか不安になりますね、すごいんですよ?

*2:「うずらさん、PHPerの友達すくないの?」といわれており、すくないのかも…となっております。