uzullaがブログ

uzullaがブログです。

Builderscon ミーティング 肉会 2018 春

タイトルが肉会にあるまじきことに、ワードサラダっぽくなりました。

経緯

すでにおなじみとなりつつある、Builderscon主催の牧さんが肉を焼く(最近だと焼きがメインなのか怪しい)会にいってきました。たしか今回で通算4か5回めくらいだと思います。

この会は

  • Buildersconに関係がある人、あるいはそうではない人
  • エンジニアな人、あるいはそうではない人
  • Buildersconスタッフの人、あるいはそうではない人
  • それらの方々の奥さんや友人、あるいはそうではない人
  • anovaラブな人、あるいはそうではない人

が、あつまって、肉を中心として懇親しつつ、まあ色々話し合うなどを行う会です。

真面目にスタッフ間やスポンサー企業さまとの打ち合わせなどもやったりします。

様子

以下は様子です。

まとめ

肉でした。

ご興味がある人は次回募集にご期待ください。

builderscon.io

なお、皆さん期待のbuilderscon tokyo 2018は9月6日から三日間開催です。

もうじきトーク募集などが始まるはずなので、皆さん宜しくお願い致します!

raspberry pi zero wの省電力設定

諸般の事情で低電力でRP0を動作させるために色々やっているのだが、なかなかむずかしい。

とりあえず、無負荷時50mAまで下げることはできた。ただ、色々問題がある(後述)

DISCLAIMER

  • これは手元の環境でためしただけで、万人の環境にマッチするかわからない。USBケーブルの品質などでも色々変わる。
  • 計測しているチェッカーの精度が自分でも信用ならない、簡易なツールは校正できるものでもなし。

通常時

なにをもって通常とするかは色々あるが、XのはいっていないRaspbianのLITEで、Wifi(wlan0)をオフにすると大体無負荷85mAになる。

$ sudo ifconfig wlan0 down

Wifiがとにかく電気を食う。Wifiをupする瞬間が特にきびしくて、ほんの一瞬200〜300mAくらいになる。すると、もともとギリギリな乾電池のモバイルバッテリーでは電力不足でリブートがかかったりする。

なので、低電圧の調整をするなら、Wifiを切っておいて、シリアルでつないでためすことをおすすめする。

余談、USBワットチェッカーの憂鬱

というか、あまりに急激に電力を食うからかしらないが、安いケーブル+USBワットチェッカーを間にいれているとwlanがupできないことがある。 写真の「高機能な」ワットチェッカーも、Ankerとかの「良い」ケーブルでないとwlan0をあげると落ちることがある。

もっと安い白いやつ(写真参照)でも勿論駄目。

(安いやつは見ての通り測定下限を割って?しまっていて、右上が0.00Aとなっている…。)

もうちょっとマシなやつ?だと、測定精度にものすごく不安があるが(ここでは0.2とでているが、0.3や0.6を絶対にみない。高いやつを信用するわけではないが、50mAくらい低くでている気がする)、一応ちゃんとしたモバイルバッテリーならwlanはupする。

こういうことをやっていると、もっともっと品質の良いUSBワットチェッカーがほしいのだが、高くて国内メーカーのラベルがはってあってもどうせ中身は中国製だから…。

(それとも、USBワットチェッカーの先に、安定化でコンデンサでもいれるべきだろうか?)

起動時にwifiをonにしないために

現時点最新版のstretchについていえば、dhcpcdと同時にwlan0はupされてくるので、それをdisableにすれば次のbootからwlan0が有効化されない

$ sudo systemctl disable dhcpcd

当然ながら、dhcpcdを起動すると、Wifiがつながるようになる。

$ sudo systemctl start dhcpcd

あるいは、テンポラリなら以下でも

# Wifiをオフに
$ sudo ifconfig wlan0 down

# オンに
$ sudo ifconfig wlan0 up

hdmi出力をオフにする

$ /opt/vc/bin/tvservice --off

これで大体10〜20mAくらい下がって70mAになる。

ブート時に有効にするにはconfig.txtのhdmi_blankingあたりをいじればよい気がする…のだがいまいちよくわからん。

https://github.com/raspberrypi/firmware/issues/352

(試すのも面倒になりつつある)

これは安全に変更できるので、よい。

config.txtで色々いじる、特に電圧

arm_freq=500
arm_freq_min=250
over_voltage=-5
over_voltage_min=-5

arm_freqまわりをいじるととても動作が緩慢になる、クロック抑制がきいている。 これでもちょっとだけさがるのだが、ちゃんとさげるには電圧もさげなければならない。

over_voltageは(多分)0が基準で、マイナスで基準よりも下げていくもの。-6にしたら起動しなかった。

なお、config.txtはSDカードでマウントできる領域に見えているので、駄目だったら他のPCにmicroSDをつないでトライアンドエラーする。

ここまで設定すると、49mAまで下げることができた。70mAとの差は20mAで、かなりの差である

参考資料はこのあたり

https://www.raspberrypi.org/documentation/configuration/config-txt/overclocking.md

wlan0がみえなくなった

これくらい電圧を下げると(あるいはクロックをさげると)wlan0がみえなくなった。 まあ、wlan0をonにした瞬間にここまでの努力は誤差みたいになるのだが。

まとめ

単三電池二本でいい感じにうごかすために色々調整してみた。目標は単三電池2本でwlanが有効にできることである。

しかし、うまくwlanはあげられなかった、だとするとあんまり(ほそぼそとケズっても、個人的には)意味がないので負けである。

なお、実はjessie(ちょっと前のバージョンのRaspbian)では普通に乾電池二本でwlanが有効化できた。stretchベースのRaspbianにしたらなんかしらんけどだめになってしまったのだ。

なので、色々やればいけるかなーとおもったけれど、結果wlan0がみえなくなったりして散々である。

何が原因で最近のバージョンでは駄目になったのかがいまいち特定できていないのだが、もし情報がございましたらば是非お教えください。

(たとえばwlan0を起動する際に、tx-powerの上限を指定できないかなとおもっているが、countryをいじる以外ではまだみつかっていない)

なお、手元のテストではRP0はニッケル水素単三電池二本とダイソーのUSBバッテリーで数時間はもつようでした、つかいようはある。(電圧はガックガクしてて、いかにも基板の健康にはわるそうだったが)

つづく。

追記 Powertop

matsuuさんのコメントを見て、Powertopをつかって調整してみた。

インストールと起動

$ sudo apt install powertop
$ sudo powertop

# あるいは、auto-tune オプションで一括適用
$ sudo powertop --auto-tune

SSHでなくシリアル接続でpowertopをひらいたら、手元ではTunableタブで操作が不可能になったので注意。

触ってみた

f:id:uzulla:20180507230843p:plain

Tabでメニュー切り替えできる

f:id:uzulla:20180507230911p:plain

CPUクロックの状態とか割合見れるの便利かもしれない。

f:id:uzulla:20180507230953p:plain

電力を消費しているデバイス一覧もみれる…みたいだけど、この単位のわかりづらさよ。

f:id:uzulla:20180507231053p:plain

この「Tunables」メニューは上下で選択して、EnterでTune(調整)をしてくれる。(もう一度Enterすると、戻る)

ラズパイだと設定項目が少ないがこのスクショでは全部Goodにした結果。

ただ、基本的には負荷が上がった時に効果があるものだと思うので、ワットチェッカーで目視できる変化はなし。

追記 USBのパワーオフ(?)

RP0だとHubは内蔵されていない(ほかのラズパイなら、内蔵HUBのパワーをオフにできる)ので、ポートを落とすというのはない模様。

なんとなく以下のことを指摘されたかと思ったが、こちらは何も繋いでいなければ効果は無い模様。

echo "0" > "/sys/bus/usb/devices/usb1/power/autosuspend_delay_ms"
echo "auto" > "/sys/bus/usb/devices/usb1/power/control"

Raspberry pi zero wでウェブサイトのスクショを取るその2(phantomjs+selenium+python)

一つ前の記事で、firefoxめっちゃ重くて駄目だったのでphantomjsを使う場合の話。

ページの大きさにもよるけど、なつかしさあふれるphantomjsはさすがに速い。軽いページなら10秒以下でうごく。

このブログも(表示はモバイル用?になってしまうけど)頑張れば一応レンダリング完了できる。

phantomjsをいれる

$ apt install phantomjs

トラブルシュート

本来上でphantomjsがはいると思うんだけれど、うまくうごかなかった。

$ /usr/bin/phantomjs --version
$ echo $?
1

バージョンがでてこないし、ステータスコードは0じゃないし、seleniumからも操作できないし※、なんかおかしいので以下から野良blobをDLしていれました。みなさんはちゃんとやろう。

*1

GitHub - aeberhardo/phantomjs-linux-armv6l: PhantomJS compiled on a Raspberry PI (Raspbian "wheezy").

$ wget https://github.com/aeberhardo/phantomjs-linux-armv6l/archive/master.zip
$ unzip master.zip
$ cd phantomjs-linux-armv6l-master/
$ tar xvjf phantomjs-1.9.0-linux-armv6l.tar.bz2
$ cd phantomjs-1.9.0-linux-armv6l/bin
$ sudo cp phantomjs /usr/local/bin/phantomjs
$ phantomjs --version
1.9.0
$ which phantomjs
/usr/local/bin/phantomjs

selenium.common.exceptions.WebDriverException: Message: Service /usr/bin/phantomjs unexpectedly exited.

PythonseleniumのLibをいれる

$ python -m pip install selenium

コードを書く

pjs_ss.py

#!python
from selenium import webdriver

driver = webdriver.PhantomJS(executable_path='/usr/local/bin/phantomjs', service_args=['--ignore-ssl-errors=true', '--ssl-protocol=any'])
driver.get("http://www.yahoo.co.jp/")
driver.save_screenshot("test.png")

driver.quit()
print("done")

※ めっちゃSSLエラー無視する指定してますが、皆さんはちゃんとしてください。

実行

$ python3.6 pjs_ss.py
/usr/local/lib/python3.6/site-packages/selenium/webdriver/phantomjs/webdriver.py:49: UserWarning: Selenium support for PhantomJS has been deprecated, please use headless versions of Chrome or Firefox instead
  warnings.warn('Selenium support for PhantomJS has been deprecated, please use headless '
done
$

test.pngが保存されていれば成功。

実行時にめっちゃWARNいわれますけど、そうはいうてもARMv6のRaspi zero向けにheadlessをサポートするバージョンのchromiumがないし(ビルドがどう考えても大変)、firefoxはめっちゃ遅かったんや…。

ただ、phantomjsはどうしてもWeb 1.0風のなつかしさあふれるページになりますね。(個人的にはこれで十分なのだが、UA設定したりすればもうちょっとマシになるのかね?)

まとめ

しょぼいサイトならphantomjsでなんとかなりそう、ただまあRaspberry pi zero w みたいな非力な環境でがんばるより、スクショを取れる公開Web APIを使ったほうが良い。

完全にラズパイ素人なので甘く見ていたのだけれど、ARMv6(Pi0とか)とARMv8(Pi 3Bとか)の溝はかなり深くて広い…、そしてARMv6はサポートしないよってかいてあるOSS多すぎウケるww。かといってPi 3B電気食い過ぎでしょ…。

こちらからは以上です。

余談

最近のchromium-browserのARMバイナリを配布しているところをみつけておとしてみたけど、Illegal instructionで動かず。

Packages in “Chromium dev” : Chromium dev : “Chromium team” team

$ readelf -a /usr/lib/chromium-browser/chromium-browser > txt
$ less txt
〜〜かなり後ろ〜〜
File Attributes
  Tag_CPU_name: "7-A"
  Tag_CPU_arch: v7

ウーン、v7以降ね…。

なおfirefox

File Attributes
  Tag_CPU_name: "6"
  Tag_CPU_arch: v6

勿論動いた。

まあ、chromiumをがんばってビルドする記事は結構みつかるんだけど、ARMとかいてあるけどそれv7の話だよね???というエントリしかみつからなかった。ARMv6でv59以降のchromiumをビルドするすべを募集中です…。

*1:phantomjs のバージョンの問題かもしれないとおもったけど、--versionうごかないのはさすがに??