uzullaがブログ

uzullaがブログです。

ISUCONにPHPが帰ってきたぞ!!!!

PHP Strike back!!!!!!!!!!!!!

PHPerの皆さんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか。9月に入り、すっかり涼しくなって助かりますね。

さて、過日発表されたISUCON 2014ですが、初期提供される参考実装の中にPHPが含まれていなかったことで悔し涙を流した人もいるのではないでしょうか。

PHPは他の強豪とくらべ、多少みそっかす扱いは見えていたものの、それでもISUCONという天下一武道界のはじっこにはちゃんと立て看板が用意されていたのに、それが消え去った、そういう悲しさを感じたわけです。

私はISUCONの参考実装からPHPがはずされたその悲しさをスライドにぶつけた結果、YAPC::Asiaでで空気読まない事になりましたが、それはまた別のお話ですね。

ISUCONを知らない人のために解説!

ISUCONとは「良い感じにスピードアップコンテスト」の略称で、出題キットとして提供されるベンチマークソフトウェアをガンガン回して高得点がでるウェブアプリケーションを作成する大会です。優勝賞金は100万円!!やばい!!

ウェブアプリケーションといっても、指定されたタイプのEC2のインスタンス上のすべてを自分で調整できますので、ミドルウェアなどのチューニングなどが非常に重要な要素になります。

ベンチマークするウェブアプリケーションの参考実装は提供されておりますが、その言語に拘る必要はありません。最高の性能がでればどのようにやってもかまわないという異種格闘技戦となっております。
PHPも参考実装がなくても、PHPで参加すること自体は問題がありませんでした)

予選はリモートでおこなえますので、全世界から参加する事が可能です。(決勝は渋谷に行く必要があります)

詳しくは以下エントリを参考ください
http://isucon.net/archives/39979344.html

以下のエントリにて、練習問題のような物も用意されています。
http://blog.nomadscafe.jp/2014/08/isucon-2014-ami.html
(勿論、さらに前の年度の情報もさがしてみるとよいでしょう!)

話をもどして

さて、そんなことよりも今日衝撃的な発表がなされ、ISUCONにPHP枠が復活しました!!!!やった!!!!mirakuiさん!941さん!他関係者の皆様!本当にありがとうございます!!!


あのスゴイ人達に配慮頂けるなんてのは、どれくらいのPHPerが熱心にISUCONに働きかけたのかわかりませんが、きっと100人はくだらなかったのではないでしょうか。
私も微力ながら問題作成チームの人や運営側にウザがらみしまくりました。その甲斐もあったのかもしれません。
(当初、私の嘆き方が悪く、「PHPで参加拒否はしていないぞ」と弁明させるようなお手数をお掛けしてしまったので、その後は自粛していたのですが。)

それにしても、まさか本当に復活するとはおもいませんでした。問題作成チームの皆様には本当に感謝致します。

PHPは参考実装でFAILしててもいい、全然いいんです。そういうのを創意工夫してがんばるというのが参加者側なので。


そうではなく、PHPという、言語と認められるか認められないかというボーダーライン上にいる言語も暖かく迎えて頂けた、という事に私は希望を見いだしたのです。


こういったイベントで、本当のPHPの人が声を上げることは少ないように思います。しかしPHPの世界もゆっくりですが前進していますし、ISUCONのようなバトルロワイアルにでて、PHPもいるんだぞ!ということを是非世の中にだしていければと思います。PHPerのみなさん!是非参加していきましょう!!




ところで