読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uzullaがブログ

uzullaがブログです。

LongDサービスについて紹介

新たに始まる予定のLongD(ロング・ディー) サービスについてご紹介いたします。

概要

LongDサービスは、Twitterと連携することで、TwitterのDirect Messageの文字数制限(140文字)を回避するものです。
このサービスを用いる事で、相手のTwitter ID以外の情報をしらなくても、快適に長文を送る事が出来ます。

何故必要か

近年Twitterが普及したことで、E-mailアドレスをあまり交換しない時代となりました。
しかしながら、Twitterはプラべートなメッセージは140文字しか送信する事ができず、ごく簡単な内容しか送信することができません。
複数回にわけて送信することでその制限は回避できますが、非常に煩雑ですし、読みづらいものです。

かといってE-mailアドレスなど、Twitter以外の連絡手段を改めて用意するのは非同期的にメッセージを送れず、非常に面倒だと言えます。

そこで、このサービスでは、TwitterのDを利用しつつも、その本文を外部に設置することで、簡便に長文のメッセージを送ることを可能にします。
Twitter以外にデータを置く事については、短縮URLなどと同様の理屈であり(多少、印象はかわるでしょうが)問題はないと思っています。

具体例

当方(以後A)が先方(以後B)に、原稿作成の依頼をおこないたいと考えたとします。
ある程度普段から連絡はとりあっていますが、E-mailアドレスはわかりません。

残念ながら、本文を調整しても500文字程度になり、複数回にわけるにしてもなかなかストレスがかかる文字数です。また、読みづらくなってしまいます。

E-mailアドレスを訪ねる事を考えましたが、BがAにメールアドレスを開示する事にストレスがかからないか不安であることや、
他の方にも声かけする必要があるなど、同時進行のスピード感が求められる事情があり、できれば一度で情報をプッシュしたいと考えています。

そんな時に、LongDのサービスを利用します。

LongDのサイトにTwitterアカウントでログインすると、自分がD送信できるユーザーリストが表示されます。
アイコンや、テキストサーチでそのユーザーを指定する事が出来ます。

送信先としてBを選択すると、テキスト入力画面がひらき、そこにテキストを自由に入力する事ができます。

たとえば、以下のような文章が設定されました。

B様
お世話になっております、Aです。

今回○○の原稿の作成をお願いしたく、御連絡差し上げました、
具体的な内容につきましては以下の通りです

〜〜〜〜〜


入力が終わった後、送信ボタンを押すと、そのままAからBへDirectMessageで以下のような文面が送信されます。

B様 お世話になっております、Aです。 今回○○の原稿の作成をお願いしたく、御連絡差し上げました、具体的な内容につき(これはLongDで送信されています、続きはこちら http://bit.ly/hogehoge )


URLをひらくと、LongDを読むページに飛びます。
そこには
・誰から誰へのメッセージかを表示
Twitterで認証するボタン
・LongDの説明文(説明文以外に、フィッシングサイドなどではないなどの説明)

があり、BがTwitterの認証をすると、メッセージ全文が表示され、読む事が出来ます。


もしBがAに返答する時は、そのままそこからレスボタンを押し、A同様のフローでAに長文のレスポンスを送る事が出来ます。

サービスの仕様・思想について

サービスは可能な限りシンプルを目指し、グループ送信などは当初は用意しない予定です。
メッセージの履歴などは、ユーザーのDirect Messageの画面からリンクを踏むことで可能とし、こちらのサービスには履歴一覧画面などは用意しません。
(ログイン前画面、送信者選択画面、メッセージ製作画面、メッセージ表示画面だけです)
メッセージは90日で破棄され、読めなくなります。それまでにユーザーは自分にメールで転送するなりして保存しておく必要があります。

インフラについて

クラウド上に作成します。
基本的にソート的な処理は発生しないので、バックエンドはKVSなどをつかえますので、既存クラウドが提供する各種データストレージサービスと相性は抜群になる想定で、簡単にスケールできる想定です。

マネタイズについて

Pro版を用意します。Pro版では、いくつか機能を追加します。
・クライアントサイドでのメッセージ暗号化機能(Javascript等で)
・広告除去機能(送り先で)
・メール転送機能
・ファイル添付機能

勿論、ユーザーは外部ツールを使うなどして、同様のことが実現できます。
無理な差別化を行わず、サービスを愛用いただいている「ファン」から頂く事を考えています。

この中のメール転送機能は、バックアップも兼ねており、自動的に自分にメール転送されることでメッセージの消滅を防ぐ事が可能になります。


Free版では、広告収入となります。
広告はメッセージ画面の上部に表示されます。
Pro版だと「送信した相手に」広告が表示されなくなります。
自分が広告付きのメッセージを送信したくないときに、Pro版が欲しくなります。


支払い方法は、BitCoin、または郵便為替を想定しています。

競合など

http://meity.jp/
とても多機能で良いサービスだとおもわれます。
longDが目指す所はもっとシンプルなものであり、差別化が可能です。

サービスイン時期について

予定は未定です

多分その内はじまると思いたいんですが、正直時間もないしすぐにはできないというか、俺はほしいけど、実は他の人は誰一人欲しくないのでは?と思うと結構作りづらいですし、
うーん、他に欲しい人いないのかなあ…または、もうそもそも誰かつくってくれないかなーーとか思ってこの文章を書きました。


もしくはすでにこういうサービスあるし、っていう場合には是非おしえてください。