読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uzullaがブログ

uzullaがブログです。

在宅とかフリーランスとか

ネット某所で「フリーランスになる→在宅→孤独→つらい」という話題が出たが、まず在宅勤務が孤独で辛いかどうかってのは人それぞれ。自分は特別辛くないし、「友達はインターネットにたくさんいます!」の人も辛くないんじゃないか。
ただ、フリーランス→在宅になると、たしかに人とは会わなくなる、これは割と間違いない。

なんと在宅勤務には同僚がいない!意外でしょう?

会社とか学校とかいったコミュニティに居るときは、顔見知りの他人が目の前にいるのが当たり前の状態だが、ちょっと想像すればそこから去ればそれが無くなるというのが分かる。

コミュニケーションの面倒くささ

コミュニティから飛び出れば、なんと「顔見知りの他人と会う」事に多大な労力が必要になる。案外その労力を甘く見てる人が多い。
具体的には、隣の駅にいる知り合いに会うだけで、軽く双方1時間つぶれるんだよ、すごいでしょ。


前述の辛い人は、多分ここら辺に労力が割けないのだろう(自分も時間があれば仕事しちゃうので、割けない)

コミュニケーションのはかなさ、一期一会さ

実際の所、フリーランスってのは想像以上に、本当に横のつながりが希薄です(隣の隣の部署の人より縁遠いよ!)。一部のネット芸人みたいな人以外は、カジュアルに人とのつながりの9割が消滅する。
(辞めてもやりとりしましょうね!ってのは中学卒業しても親友だよ!と大体同様だ)


在宅勤務はニートに毛が生えた(お客さんを毛というのもアレだが)感じになると思えばいい。
会う他人どころか、コミュニケーションをとれる相手がお客さんか、友人、恋人などしかいなくなる。そこはちゃんと理解しないとヤバイ。


しかも、「友達」ってのが結構厄介で、「元々俺は仕事以外の友達と「遊びに行く事が多い」し!」って人以外は、ヤバイ。
当たり前なのだが、普段会わない友達や、知り合いはフリーランスになっても会わない。


あとは、勉強会とかに参加すれば…っていう人もいるんだが、あれは友達を作る場ではない。
(一部の勉強会・交流会は違う、たとえばhachioji.pmなどはその限りではない。なぜならあれは主催がメインの目的をコミュニケーションにおいてるから)
まあ、懇親会でかならず友達が何人もできる!って人は大丈夫だろうが、そういう人は孤独で悩む事があるとは思えないw

コミュニケーションを「頂いていた」事に気付く

結果として、コミュニケーション欲を満たすには、代用*1か、実際に人に会いに行く、という能動的な行動が必要になる。
前述の通り、行動ってのは相当にコストが高いぞ!
(ただのめればいいや!ってタイプの人は、住んでいる所にかなり左右される。都心なら楽だろうね)


まるで空気のように当然そこらにあった、他人とのコミュニケーションが、そのコミュニティから「頂いていた」事にすぐ気付くだろう。

自分の場合の努力

ちなみに、自分は八王子に住んでいて、マジで遊びに行くような知り合いが少ない。
なので自分の場合は、コミュニティであるHachioji.pmを発足して、力業でどうにかする作戦を行っている。(道半ば、6割くらいか)


あとは都内に出たときに、Twitterとかで吞もうぜ!って投げてる。2割くらい…いや、1割くらいの確率で成功する…w(反応下さいw)


あー後、奥さんがいるので、人間とふれあう事に関しては大分助かっている。結婚・同棲してる人は、在宅はそんな辛くないかもね(その人の相性もあるけど)。

一応書いておく、在宅勤務のメリット

在宅勤務は、すごい時間が生まれます。通勤とか、同僚とのだらだらした昼飯とか、気の乗らない吞みとか、全部無くなります。
ただ、効率がいいかは別よ、物理的な時間が確保できるってだけね。


後、モニターとか、椅子とか、キーボードとか、PC(Mac)とかが自分の好きに用意できます。エアコンの温度も調整しほうだいだし、なんとなくトイレにこもっても、だれにも文句いわれません。
好きなものをすきなタイミングで食べられますし、眠いときは素直に寝ることができます(電話はかかってくるから、安眠ではないが)。

話変わって

人にオフィスとか無いから、好きな所で仕事するよ、って話しをしたら、「それってノマドですよね!あれはあこがれます!」みたいな事言われた。
せいぜい気分転換でファミレスで仕事をする程度だが、これは別にノマドではなくて、オフィス代をケチってるだけだ。


ノマド=今どきの働き方、社外の人との交流(パワーランチ?)、時間を効率的に使える」


みたいな図があるんだけど、どっちかっていうと、「普段会わない人と交流しつつ、仕事時間を確保するには」ノマド的にならざるを得ない、というのが正しい。*2
結果として、人にもよるだろうが、当然仕事の効率は下がるぞ、と。
精神的な部分を除けば、自宅で、良いキーボードで、でかい画面で、高速回線で仕事したほうがはかどるにきまってるだろ?
あと、腰が痛くなるし、金が無駄にかかるし、最終的には飽きるぞ。

まとめ

まー、色々書いてみて思うけど、結局やってみないと実感できないので、みんなノマドでも在宅勤務でもやってみるといいですね。
これを書いたのは、在宅勤務で人とのつながりが減る事は、メリットデメリットあるし、回避策もあるにはある、と書きたかっただけなので。


たとえば、「仕事やめたら自分のアプリつくります!」って言ってる人は、98%つくれなくて受託に戻るとかね、実感しないとわかんないよねwそういう事。